2009年10月21日

顎関節症と開口障害#4

顎関節症と開口障害#3より続く


まず下の前歯から。


抜歯が必要な歯を抜歯し、土台となる歯を削る。


仮のプラスチックのクラウンとブリッジをその場で合わせ、


セットする。


下顎を動かした時に、前歯できちんと接触して(ガイド)している。

顎関節症と開口障害#5に続く

 
posted by maruoka-yoshimitsu at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック