2009年10月15日

顎関節症と開口障害#2

顎関節症と開口障害#1より続く

 

 
模型を作って分析する。

 
模型を装着している咬合器を前後左右に動かし、異常な咬み合わせを診断する。
この奥歯は本来このようなあたり方をしてはいけない。
顎関節症が起こりうる状態であるといえる。

 

 
治療するのと同じように模型の歯を削り、また咬合器を動かし被せた場合のクラウンの厚みが取れるかを確認する。

 

 
ワックスで最終の歯の形を作る。
正常な咬み合わせにできることが確認できた。

顎関節症と開口障害#3に続く

 

 
posted by maruoka-yoshimitsu at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 顎関節症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック